トライアル インタビュー:鮮魚

もっとキレイな、
お造りを作りたい

鮮魚
O.Yさん(30代)入社10年

鮮魚のお仕事

トライアル鮮魚コーナーでのお仕事です。作業場の掃除、鮮魚の加工・調理・陳列・接客販売などをお願いします。魚をおろしたり、お刺身を作る技術。旬の鮮魚や調理方法などの知識も身に付きます。生のお魚に触ることができる方なら大丈夫です。簡単な作業からスタートするので全くの未経験でOKです。

美味しいのは当たり前!
もっと速く、もっとキレイな、お造りを作りたいんです。

20代半ばで、新しい仕事を探していた時、偶然、トライアルで働いていた知り合いに紹介してもらったのがお仕事を始めたきっかけです。鮮魚売り場での求人もあると教えてもらった時には、もう心が決まっていました。私はお魚が大好きなんです!料理するのも食べるのも大好き!プライベートでもお魚をさばいたりしていましたから、ぜひ働きたいと思ったんです。 そんな風にして始めたトライアル鮮魚部でのお仕事も、もう10年が経ちました。毎日たくさんのお魚をお刺身にしてお客様にお届けしています。この10年で魚調理の腕は上がったと思います。昔は苦手だった身が柔らかい“ボラ”のお造りも、今ではできるようになりましたからね。もちろん、まだまだな部分も多いです。お店では私よりキャリアがあり、上手な方もいらっしゃいますが、その人の作業はすごくきれいだし、また速いんです。毎日が勉強ですね。

実はここで働く前は、役者をしていました。大衆演劇の世界にいました。劇団で全国を回り、お芝居をしたり踊ったり。良い思い出です。役者の時もそうでしたが、私は目で見て覚えるタイプ。だからうまい人の包丁さばきを手の空いた時は見るようにしています。言葉では伝わらない小さな動きまで、しっかり見て勉強しています。

鮮魚のお仕事ここの仕事での良いところは、自分の作った商品でお客様を喜ばせることができるところ。「この前買ったお造り、とっても美味しかったよ」と声をかけてもらうこともあります。お店ではウロコや頭を落とすとか、開いたりするとか、いろいろサービスもやっていますが、そんな時も、「いつもありがとう」と言ってもらえたりすると、とてもうれしいです。やっぱり私自身、人に喜んでもらうのが好きなんだと思います。トライアルでの仕事は好きなお魚を扱えて、お客様にも喜んでもらえる、自分にピッタリの仕事だと思っています(笑)。私のような人と接するのが好きな方は、いろいろと得るものが多い職場だと思います。 休日とか商品がたくさん売れて、補充に追われる時もあります。早くお出ししたいけど、いいかげんなものはお出ししたくない。そんな時はちょっとプレッシャーを感じます。美味しいのは当たり前。もっと早く、きれいなお刺身を作れるようになりたいと思います。まだまだ毎日が勉強です。

お店は24時間ですが、鮮魚部は8~17時。ちょっとだけ朝が早いですが、残業もほとんどないので、全然問題ありません。私は週5日ペースでお仕事をしています。お休みは土曜日と火曜日。週末と平日の組み合わせは、意外に便利なんですよ。メリハリをつけて働くことができています。休みの日には釣りに出かけたりします。私ってオンもオフもお魚ばっかり (笑)。お店のある北九州地区には良い釣り場も多いです。自分で釣った魚を自分で料理して楽しむ。こんなことが出来るようになったのもトライアルで働いたおかげだと思っています。店長はとても良い方です。しっかり自分の意見も言えるお店の雰囲気はすごく好き。とても働きやすいです。鮮魚チームの仲も良いし、いつも和気あいあい!明るく楽しい職場だと思います。私も毎日、充実&楽しくお仕事をすることができています。

O.Yさんの1日

7:50

出社

制服に着替え準備をします。

8:00

お仕事スタート

入荷した商品の確認。
お客様からのご依頼にも対応しながら、お刺身作りから始めていきます。

12:00

休憩

お昼ご飯の休憩。
ここでは30分くらいで、この後、交代でまた30分取ります。

12:30

再スタート

売れ行きの状況を確認しながら、お刺身作りを続けます。

15:00

仕込み、掃除など

明日の仕込みを行いながら、値引きシールなどの対応を行います。
掃除を行います。衛生の為にも掃除は時間をかけて行います。

17:00

終了

お仕事終了