トライアル インタビュー:青果

お客様との会話も
楽しいですよ

青果部
K.Kさん(40代)入社3年

青果部のお仕事

青果部では、入荷された商品の搬入、展示されている商品の鮮度チェック、商品をお店に出す展示業務や並べなおすメンテナンス業務、野菜・果物のカット包装を行う商品の加工業務が基本的なお仕事となります。これらのお仕事と並行して、商品の説明や、旬のものをお勧めする、接客業務がお仕事となります。

トライアルへの転職は大成功!お客様との会話も楽しいですよ。

トライアル旭川口店の青果部で働いています。担当は果物コーナーと葉物などを扱う冷蔵ケースです。数年前は専業主婦でした。子どもが中学生になって手が離れたのをきっかけに、またお仕事を再開した感じです。最初はトライアルと同じスーパーマーケットで働きました。今と同じ青果のお仕事でです。シフトは家事と両立したかったので、午前中だけの勤務でした。1年ちょっと働いた時、新しくここ、トライアル旭川口店がオープンすることを知りました。通勤が便利だったのと、前職のお仕事内容が雑多でやりにくかったこと。新しい環境で新しい仲間とゼロから始めてみたかったことから、転職することを決めたのです。 正直、トライアルでお仕事を始めて本当に良かったと思っています。広くてきれいなお店も気に入りましたし、新しい仲間と一緒のスタートも気が楽でしたね。何より担当する仕事がきっちり決まっているので、集中して仕事を行えるのが良かったです。正直、前に働いていたスーパーは、いろんなことをお願いされていましたので、今の方がとっても楽です。もちろん青果での経験も活かせましたね。あまりにも仕事がやりやすかったから、シフトの時間も夕方まで延ばしました。なんか仕事が楽しくなったのを覚えています。

青果部のお仕事トライアルのお仕事でもう一つ気に入っているのが接客です。結婚前は、靴屋さんで働いていたこともあり、接客は私の好きな仕事。こちらには主婦の方から、ちょっとした飲食店をやっておられる方まで、いろんなお客様がやってきます。店頭での作業をしながら、旬の野菜や、お勧めの果物をお教えしています。「今日は元気?」など挨拶をしてくれるお客様もいて、楽しく働くことができています。こんなメリハリのあるお仕事は自分に合っているように思えます。 その分、お客様の期待に応えるのもちょっと大変。トライアルには毎日、たくさんの種類の野菜、果物が納品されます。知らなかったものも多く、味や調理法など、勉強することもたくさんです。もちろんそれは自分のスキルになりますし、主婦としても役立っていますから、結局プラスにはなっていますね。

ここのトライアルの店舗はとても大きいし、24時間営業だし、たくさんの方が働いています。私のような主婦の方もいますし、学生の方、フリーターの方もいます。意外に多いのがシニアの方です。皆さんいい方です。トライアルでは会社がスタッフが効率よく安心して働ける環境を作ってくれています。みなさん自然に余裕が出て笑顔になれるんじゃないかな、なんて思っています。この頃は、新人の方を指導する立場にもなりました。うまくできない方などがいると、正直最初は、「どうしてできないんだろう」なんて思う時もありましたが、今は考えが変わりましたね、できない人がいればサポートしてあげればいいんだ。そう思えるようになったんです。そして、その人の成長を喜べるようにもなりました。知らないうちに私も成長していたんですね(笑)。トライアルでお仕事始めてホントよかったと思っています。

K.Kさんの1日

朝起きて、朝食と自分を含めた家族3人分のお弁当を作り、家を出ます。お店は車で15分くらいです。

6:50

出社

制服に着替えます。

7:00

お仕事スタート

朝一番は商品の鮮度チェックから始めます。引き続き、バラマキと呼ばれる商品展示を行います。午前中はまだ、お客様が少ないので、これらの作業を行いながら、商品の加工業務を行います。

11:00

お昼休憩

時間はずれたりしますが、お昼は1時間の休憩があります。

12:00

業務再開

商品は随時入荷しますし、売れてしまったものの補充や、メンテナンスと呼ばれる商品の展示業務も行います。午後からお客様も増えてくるので、接客も増えてきます。

14:00

終了

夕飯の買い物をして帰宅します。お店で買い物することも多いです。