全国のトライアル インタビュー:精肉

トライアルで
もう12年!

精肉スタッフ
M.Sさん(60代)入社12年

精肉のお仕事

トライアル精肉コーナーでのお仕事です。お任せするのは、お肉やハムなどの切り分けを行う精肉・加工業務の他、商品の梱包・パック詰め、品出し、整理、補充、清掃業務などです。簡単な発注や商品の説明などの接客もお願いします。丁寧な研修を行っているので未経験の方も歓迎です。精肉の知識も身に付きます。手に職をつけたい方にもピッタリのお仕事です。

トライアルで もう12年!毎日、楽しく働けています。

トライアルでお仕事を始めたのはもう12年も前の事です。当時、引っ越しをしたばかりで、新しくお仕事を探していました。まだ慣れない土地だったこともあり、働くのは普段の生活圏内の、近いスーパーで働こうと、トライアルの求人に応募したのです。 面接ではレジのお仕事を希望しました。どんなお仕事か想像できたからです。でも、もう採用の定員に達していて、希望はかなえられませんでした。当時の店長がその代わりと勧めてくれたのが精肉コーナーでのお仕事です。精肉のお仕事は初めてでしたので、戸惑いましたが、「お仕事は一からお教えしますよ」の言葉と、新規のオープンで、明るくきれいなこのトライアルのお店でぜひ働いてみたいと思い、精肉で働くことを決めたんです。

そんな不安な気持ちでスタートしたお仕事でしたが、やってみると意外にすんなり、問題なく働くことができました。まぁ主婦ですから、普段から生肉を触っていますしね。違いといえば、お肉の大きさでしょうか。お肉の塊を包丁で切り、いつも見ているお肉にする。そんなお仕事で、決して難しくはありませんでした。また、自分が作った商品をたくさんの方が買ってくれるのはうれしいです。大きなやりがいになりました。

精肉のお仕事トライアルで働いてパソコンも覚えました。マウスの矢印をすぐ見失うほどの超初心者でしたが、皆さんに丁寧に教えてもらって、今では売り上げを確認したり、メールを読んだり、発注もできるようになりました。トライアルに入らなければ、パソコンなんて絶対できなかったことですね(笑)。お肉の目利きもできるようになりましたし、なんかいろんな事が身に付いたと思います。成長するのは楽しいです。今の目標は、牛肉の手切りを、もっと早くきれいに仕上げることです。

お仕事で気を付けていることは、切り分けの際におこしやすいケガでしょうか。とても切れ味の良い大きな包丁、牛刀を使って作業をしてますから。あと、私の担当ではありませんが、刃が回転してお肉を薄く切るスライサーなど、気を付けないとケガしてしまう作業が多いのも確かなんです。気を引き締めて仕事はしています。でもそれ以外は、とても快適な職場。一緒に働いている人もいい人ばかりで、手の空いた時、休憩時間は冗談ばかり言って笑っています。だからこそ、12年も働けているのだと思います。

12年も働いているといろんなことがあります。高校生だった息子も、もう社会人。結婚もして孫もいます。一緒に働いていた社員の方が転勤して、そして偉くなって、お店にまた帰ってくる。なんてことがあります。「お久しぶりです!」なんて声をかけてもらって、話がはずむ事もたびたび。なんか親戚の子が頑張ってるみたいな感じがして、私まで嬉しくなります。毎日、仕事終わりには、食事の材料を買って帰ります。その材料で一緒に住む息子家族と食べる晩御飯や次の日のお弁当を作ります。もうトライアルで始まりトライアルで終わる。そんな毎日。今はトライアル無しでは考えられない生活ですね(笑)。

M.Sさんの1日

7:45

出社

制服に着替え。 パソコンで昨日の売り上げの確認。

8:00

お仕事スタート

店頭商品のチェックと在庫数の確認を行います。

12:00

お昼休憩

精肉コーナーでは全員で休憩を取ります。
お弁当を食べて、ちょっとゆっくりします。

13:00

お仕事再スタート

基本は、午前中と同じ作業を行っていきます。

15:30

明日の準備

在庫の確認など、明日行う作業の確認をします。

16:00

清掃

食べ物を扱う場所なので、
清掃は時間をかけ、しっかり行います。

17:00

終了

お仕事が終われば、お店でお買い物をして帰宅します。